薬剤師の職場はどんなところ?

薬剤師が働く場所は主に4つに分けることができます。 調剤薬局に病院、ドラッグストア、そして企業です。 接客をする機会が多いのは企業以外の場所ですね。 薬剤師のお仕事は薬を調剤するだけではありません。 現在では、患者さんへきちんと説明することが 大切になってきています。

それは、患者さんが自分の病気に対して どのような医療行為が施されているのかを知る権利があり、 そして治療方法を自分で決定する権利もあり、 それらを大切にするという方針になってきているのです。

ですので、調剤した薬を渡すだけでなく、 きちんと患者さんに説明をするということ、 患者さんの症状に変化などを確かめるということなど 薬剤師は責任も大きくなってきているのです。

現在、薬剤師の半数以上が調剤薬局で勤務しており、 調剤薬局での求人も増えてきているのです。 調剤薬局でのお仕事は、主に患者さんが病院などで 受け取った処方簿を見ながら薬剤師が調剤し、 そして患者さんに薬の効果とその説明をして渡すことです。

医薬分離の体制が進み、調剤薬局での求人も増えてきていますが、 患者さんにとっては別々になっていることが面倒臭いと 思う人も中にはいるようです。 なぜ、医薬分離の体制が進んでいるのかというと、 例えば病院の経営が破綻したり、最近ではますます多くなった 災害などなんらかの事故が起こったとします。

この時、病院と調剤薬局とそれぞれで患者さんの 記録が保管してあると患者さんの治療履歴などが 探し出しやすくなるというメリットがあるのです。 大切な記録ですから分散して保管するということは 面倒であってもとても良いことなのです。ちなみに病院薬剤師の仕事や年収は以下で確認できます。

一方、ドラッグストアで勤務する場合は、 薬剤師としての仕事も勿論ありますが、 どちらかと言えば販売員としてのお仕事のほうが多くなります。

ドラッグストアでは薬以外に、洗剤や化粧品、シャンプーなど 様々なものが多く販売されているため、 それらをドラッグストアの店員さんと一緒に販売することも 薬剤師の仕事にもなるのです。

そして、病院で勤務する場合は、入院患者への調剤と 説明をすることが主な仕事となります。 企業の場合は、製薬メーカーが主な就業先であり、 そこで研究職として働くことや、 卸売業で働くこともできます。 薬剤師という職業は、就業先によって仕事内容が かなりかわってくるのです。

このページの先頭へ