薬剤師志望の学生が経験して将来得をすることとは

薬剤師になりたいと思っている学生の人が今のうちにやっておけば将来役に立つということがいくつかありますのでご紹介しますね。まずは勉強です。これは当たり前のことですが、やはり勉強しないと試験には受かりませんし、知識も増えません。

尚且きちんとバイトをしておくこともおすすめします。 勉強をきちんとするにはバイトってあまり おすすめされないんですけど、薬剤師の場合は バイトで経験したことやバイトで得たスキルってかなり役に立つのです。

まずおすすめなのが、塾講師のアルバイトです。 時給も高いし短時間で稼げるので勉強をしないといけない 学生にはおすすめなのですが、なんといっても 塾講師といえば生徒に沢山説明をする機会がありますよね。

薬剤師って薬や、薬の器具について説明を 患者さんにすることが主な業務なのです。 塾講師を経験すれば、人にわかりやすく説明できる スキルが養われるので将来現場でとても役に立つのです。

現在薬剤師として活躍されている人の中で 塾講師のアルバイトをしていたという人は やはりその経験と磨かれたスキルは役に立っているようです。

そして次におすすめなのが販売のアルバイトです。 コンビニやスーパーでのレジ打ちがおすすめです。 特におすすめなのが手打ちのレジですね。 現在は取り扱っているお店なんてあまりないと思いますが。

調剤薬局の場合、薬剤師自らがレジを打つという 店舗もあり、レジ打ちに躓く人も多いようですので こちらも経験して慣れておくと便利です。 レジを今まで打ったことがない、初めてだって人が いざレジ打ちすると間違えを繰り返してしまい あとで患者さんに指摘され返金したり、 またはお金をもらわないといけなかったりなど面倒なことになります。

店舗によってレジも全然違いますが、 やはり基本ができているのとできていないのでは 全然違ってきて仕事に余裕ができるのです。 薬剤師に限ったことではありませんが、 入社したての新人はやはり覚えることが多いですよね。 薬剤師は特に多いのかもしれません。

ですので覚えることが1つでも減ることは とても有意義なことだと思いますし、 何か特化したスキルがありますとそれだけで 仕事への前向きさや飲み込みの早さなどが変わってきます。 薬剤師志望の学生の人は是非経験してみてください。

このページの先頭へ