薬剤師 1日の仕事の流れ

薬は、病気の治療や予防、健康増進や体質改善のために役立てられています。 しかし、薬や誤飲や飲み過ぎなどによって、私たちの身体に様々な害を及ぼすものでもあります。そんな薬を安全に用いられるよう、専門家としての立場から調剤・服薬指導・医薬品管理などを行っているのが薬剤師です。

薬剤師は、薬局で調剤を行うだけではなく、製薬メーカーで製造された医薬品が病院や薬局を通じて患者さんの元に届くまで、様々な業務に携わっています。ではここで、薬局で働く薬剤師の1日をご紹介していきましょう。薬局薬剤師が、調剤や服薬指導だけでなく、色々な役割を担っていることがお分かり頂けると思います。

8:30 出勤

8:45 機材の起動、簡単な清掃などの開店準備

9:00 開店。開店から1時間程度は処方箋を持参する患者さんの数が少ない傾向にあります。そのため、9時からの1時間は、錠剤の小分けや医薬品の在庫管理等を行い、以降訪れる患者さんの待ち時間を短縮する準備が主となります。

10:00 10時を過ぎると、病院で診察を終えた患者さんが多く訪れます。そのため、1日の中でも特に多忙となる時間帯です。患者さんの持参した処方箋に基づいて調剤を行い、薬の飲み合わせや体質・アレルギーなどのチェック、妊娠・授乳の確認、薬歴・お薬手帳作成などを進めます。

また、同時に薬の効能・効果、副薬事の注意事項を説明する「服薬指導」を行い、薬の名称・服用量、回数、効能・効果を記載した説明書を患者さんへ手渡します。

12:00 交代で昼休みとなります。しかし、薬局の混み具合によっては休み時間がずれ込む、短縮するということもあります。

13:00 この時間になると患者さんの訪問数も落ち着くため、消費した薬品の補充を行います。医薬品の在庫管理は、薬剤師の大切な業務の一つです。 また、販売数の多い薬剤をあらかじめ調剤しておく予製や、粉薬の分包、軟膏の小分けなどもこの時間に行います。

15:00 病院の午後の診療開始に連動して、患者さんの数が増え始めます。再び10時頃と同様の業務を繰り返します。

18:30 閉店。店内の片付けや清掃を行います。
18:45 業務終了。帰宅となります。

このページの先頭へ