残業なしの薬剤師の職場とは

薬剤師として働く場合でも、残業がない職場があります。 それは、調剤薬局で働く場合です。

調剤薬局での基本的な仕事は、全て診療時間内に終わることになります。 そのため、ほとんど残業がなかったり、全く残業がないという職場が多いのです。

調剤薬局は求人も数も多いので探すのには苦労しないと思いますが、調剤薬局での仕事は自分に合わないと感じている人もいるかもしれません。 それ以外で残業がない、または少ない職場といえば、入院設備のない小さいクリニックなどですね。

小規模運営という形を取っているクリニックや病院の場合、残業はほとんどないと思っていいでしょう。 これはクリニック・病院によって違いますが、ほとんど残業がない職場の場合、求人情報としてそれが掲載されていることが多いです。

ただ、残業のない職場を探す場合、デメリットがあるということについても理解しておかなければなりません。 それは、残業が発生しない分、収入が少なくなってしまうということです。

残業手当が加算されることによって高収入が期待できる職場もあるわけなので、通常勤務時間内に全てが終わる職場は、残業手当による加算収入がないということを理解したうえで職場選びをしましょう。

また、残業がない職場を探している人は非常に多いため、好条件の職場では競争率が高くなってしまいます。 競争率が高くなってしまった場合には自分を上手にアピールすることが大切となりますが、この時にただ単に「残業がなかったから」と伝えても採用してもらえる可能性は低くなってしまうので、面接対策にも力を入れておく必要があります。

もしも、今働いている職場があまりにも残業が多すぎてストレスを感じているという場合、思い切って残業がない職場に転職をしてみてはどうでしょうか。 特に、毎日のようにサービス残業をさせられているという場合、それが大きなストレスになってしまいますよね。

残業がない職場はたくさんあるので、自分の自由時間を確保するためにも残業なしの職場に移るのもおすすめです。

このページの先頭へ